借金問題で苦しんでいる人が200、300万人存在しています

現代はお給料もなかなか上がらないですし、不況が原因でボーナスが減額されたり、カットされるケースも少なくありません。
決められたお給料の範囲内でやりくりをしていますが、急な出費でお金が必要になることもよくあります。
キャッシングやカードローンは、店頭に足を運ばなくてもWEB上で利用できますが、安易にお金を借りていると返済が苦しくなってしまいます。
日本人の200万人から300万人は、借金問題で悩んでいると言われています。

債務整理を弁護士に依頼してみよう

借金を滞納していると、厳しい催促がありますし、一人で悩んでいてもなかなか解決はしません。
借金問題で悩みを抱えている人は、弁護士に依頼して債務整理の相談をしてみてはどうでしょうか。
債務整理は借金の金利を減額してもらい、毎月の負担を減らすための制度です。
任意整理は裁判所を介さずに、弁護士が債権者と交渉を行い、借金を減額してもらう方法です。
自己破産とは違い、借金の免責は行わず、毎月返済をしていく必要があります。
自己破産とは違い、第三者に知られずに手続きを行えるのも良いところです。

任意整理と個人再生のメリット

任意整理のメリットは、個人再生や自己破産に比べると手続きが簡単で、交渉が成立すると、債権者からの取り立ても無くなります。
多額の借金があるけれど、大切なマイホームや自動車、価値のある資産などは手放したくない人がほとんどです。
個人再生は借金を大幅に減額をしてもらい、大切な資産を手元に残せるので、多くのメリットがあります。
個人再生の手続きを行うと、期間内に借金を完済しやすくなります。

返済不能な場合は自己破産を検討してみよう

消費者金融や信販会社に複数の債務があり、毎月の収入よりも借金の総額が超えている場合は、返済が難しくなります。
自己破産は裁判所を介する必要があるので、手続きは煩雑になりますが、免責が認められると、借金問題から解放されて生活を立て直せるようになります。
債務からは解放されますが、税金を滞納している場合は支払い義務が残るので注意をして下さい。

債務整理にも多少のデメリットがあります

任意整理や自己破産、個人再生などの債務整理の手続きを行った後は、5年から10年ぐらいは新規に借り入れをしたり、クレジットカードは作れなくなるので注意をして下さい。
自己破産の場合は、マイホームや20万円以上の価値がある自動車や資産などは、手放す必要があります。
職業などに制限が出るため、自己破産は最後の手段として検討したほうが良いでしょう。
生活必需品や3か月分の生活費などは、手元に残せるので安心して下さい。