債務返済に困ったらやるべきこと

お金を借りるときには、誰もがきちんと返済することを予定しているのですが、何らかの不運が重なったり、ちょっとした考え違いが起こってしまうことによって、気が付けば債務返済が滞ってしまって大変というケースも少なくありません。
その際に、間違ってもしてはいけないことは、債務返済のためにさらに債務を作って自転車操業の方法で橋渡し返済をしていくことです。

このような状態は、一見返済ができているように誤解されてしまいますが、実は根本的には問題を先送りにして結果として大きくしてしまう行為をしていることに早めに気が付きたいものです。

どうするのが正しいの?

では、債務返済に困ったら、どのようにするのが問題解決につながる行為なのでしょうか?
それには、できるだけ早いタイミングで法律のプロに相談してみるということが大切です。
弁護士、司法書士が主な窓口となります。
その理由としては、これら法律のプロは債務整理についても熟知しているため、その滞ってしまっている債務の深刻さを判断して、最も適切な方法おアドバイスし実際の手続きもしてくれるからなのです。

債務整理は自己破産とは限らない

債務がうまく返済できずに困っても、法律のプロになかなか相談できない人がほとんどであると思われますが、そのひとつに、弁護士に相談して債務整理をすることとなると、自己破産になってしまうかもしれないという恐れがあるからです。
よく誤解されていることがありますが、債務整理は自己破産とは限らないということなのです。
自己破産もその種類のひとつではありますが、ほかにも任意整理のように債務状況を立て直してきちんと返済していく方法もあるのです。

相談する費用がない

とはいえ、法律のプロに相談したくても、そのお金が工面できるかどうかということについても、不安になる方も多いことでしょう。
その場合でも、まずは法律のプロに相談してみるということを恐れず行ってください。
法律のプロは、たくさんのケースの債務整理を請け負っていますので、相談費用についてもかなり柔軟に対応してくれます。
無理のない範囲での分割払いということも考えられますので、この点も含めて相談してみるようにしましょう。

早ければ早いほどいろいろなオプション

債務整理は自己破産とは限らないとお話ししましたが、実は、これは早めに相談した場合に限るのです。
どんどん問題を先送りにして、債務が肥大化してしまうと、もはや自己破産以外に選択肢がないということも少なくありません。
債務のことで返済に困ったら、できるだけ早くに法律のプロに相談するようにしたいものです。