債務整理は借金問題の最終的な解決策

借金をした場合、自分の返済能力の範囲内で返済する事が基本ですが、返済期間が長くなればなるほど、借入額が多くなればなるほど返済が難しくなってしまう事があります。
中には借金を借金で返済しようとする人もおり、結果的に借金の額がドンドン雪だるま式に増えて行ってしまう事も有ります。
多額になった物を自力で返済する事はとても難しく、人によってはもう手も足も出ない状態に陥ってしまう事も珍しくありません。
債務整理はそういった借金問題を解決する手段の一つですが、何度も利用できる物ではない為最終手段として利用します。

債務整理に葉4種類ある

債務整理と一言で言っても、全て同じ事をするわけではありません。
現在では4種類に分かれており、その人の債務の状況、財産・収入の状況等に合わせて方法を選びます。
全ての方法は自分だけでも手続きを行う事もできますが、手続きの方法によっては法律の知識がない素人ではうまく行かない物も有ります。
そのため、多くの人は法律のプロに相談して借金問題の解決を図っているのが現状です。

債務整理を行うメリット

債務整理を行う大きなメリットは、今目の前にある借金の減額、免除を受ける事が出来るという事です。
だから借金が返済できなくて手も足も出ない状況から脱出する事も可能です。
また、自分の借金の状況に合わせて方法を選ぶ事もできるので、必ずしも財産を全て処分する必要もなく、人生のやり直しにつなげる事が出来るというのも大きなメリットとなります。

債務整理を行うデメリット

債務整理は借金の減額と免除が出来る方法となっていますが、実際にはメリットばかりではなくデメリットもあります。
その一つがブラックリストに自分の情報が登録されてしまう事です。
この状態になってしまうと、新規での借り入れをする事やクレジットカードを作成する事が出来なくなってしまう為、借金自体を新たにする事は基本的に出来ません。
特に大手の場合はこうしたブラックリストに登録されている事を審査時に重視する為、5年から10年間は新たに借金をする事はほぼできません。

債務整理が出来ない場合

借金問題を解決する方法として債務整理はとても有効な方法ですが、100%行う事が出来る訳ではなく、出来ない場合も有ります。
その一つが任意整理です。
この方法は整理する債務を選ぶ事が出来る方法となっていますが、あくまでも返済能力がある時にのみ利用する事が出来る方法となっています。
そのため、その人に返済能力が無く自己破産しか選ぶ事が出来ない場合は、いくら任意整理をしたいと当人が希望したとしても、その手続き自体が出来ません。